出展者詳細

展示会種別 バリアフリー展/慢性期医療展
出展者名 ファイルメーカー株式会社
小間番号 2-74
住所

〒106-6140

東京都

港区六本木6-10-1

六本木ヒルズ森タワー

ホームページURL http://www.filemaker.com/jp
メールアドレス japan-sales@filemaker.com
電話番号 0120-983-878
FAX番号 03-4496-4377
PRなど FileMaker プラットフォームをご利用いただければ、プログラミングの知識なしに、iPad、iPhone、Windows、Mac、Webで活用できる医療向けソリューションを作成できます。

出展製品[1] FileMaker プラットフォーム
出展製品詳細[1] FileMaker プラットフォームをご利用いただければ、プログラミングの知識なしに、iPad、iPhone、Windows、Mac、Webで活用できる医療向けソリューションの作成できます。ブースでは、FileMaker プラットフォームにて作成された医療向けソリューションを体感していただけます。
FileMaker 製品ライン:
FileMaker Pro-ソリューションを作成・実行するためのソフトウェア
FileMaker Pro Advanced-高度なソリューションを作成するためのソフトウェア
FileMaker Go-iPadやiPhoneでソリューションを実行するための無料のアプリ
FileMaker WebDirect-新しい革新的なWebテクノロジーを使用して、Webブラウザで対話型のデータベースソリューションを実行
FileMaker Server-高速で信頼性の高いサーバーソフトウェア

出展製品[2] FileMaker Pro
出展製品詳細[2] FileMaker Proを使用すると、iPad、iPhone、Windows、Mac、そしてWeb上でビジネスの情報を管理するためのカスタムソリューションを、簡単に作成できます。世界中で数百万人のユーザーが、FileMaker Proを利用しています。

FileMaker Proはとても簡単に使用でき、数多くの機能が揃っているので、今すぐ始められます。何時間も何日もかかることなく、数分で新しいデータベースの準備が整います。

柔軟性に富んだデザインツールを使って、お好みに合わせたデザインと機能を備えたデータベース画面を簡単に作成できます。プログラミングは必要ありません。

デスクトップに限らず、iPadおよびiPhoneのユーザにもFileMakerデータを安全に提供し、外出先でも移動しながらデータにアクセスできます。

組み込みのレポート作成ツールとグラフ作成ツールを使えば、チームのデータを情報豊かで目を引くレポートにまとめられます。

FileMaker Proでは、iPad、iPhone、Windows、Macのユーザー5人までとネットワークを通してデータを共有できます。

各種フォーマットのインポートとエクスポートによって、データ入力の重複をなくすことができます。さらに、外部データソースと有効な相互関係を確立できます。
出展製品[3] FileMaker Pro Advanced
出展製品詳細[3] FileMaker Pro 13 Advancedは、FileMaker Pro 13のすべての機能に加えて、高度な開発ツールやカスタマイズのツールを一式、備えています。

必要な項目だけを使ってメニューをカスタマイズできます。さらに、強固な分析機能、強力なデバッグツールなど、数多くの機能が揃っています ―― そのすべてが、よりパワフルで、より柔軟性に富み、よりカスタマイズされたデータベースを、より速く作成するために役立ちます。


データベースの暗号化に対応
FileMaker Pro AdvancedでAES 256ビット暗号化を有効にして、FileMakerクライアントやFileMaker Server上のデータを保護できます。

スクリプトデバッガ
スクリプトやスクリプトトリガで問題のある箇所をピンポイントで見つけることができます。デバッグ時にスクリプトトリガをオフにして、トラブルシューティングのプロセスを微調整することができます。

カスタムメニュー
個々のメニュー項目やメニューセット全体を、作成、変更、削除できます。iPadやiPhoneでアクセスした場合のみ表示されるメニューを指定することもできます。

データビューア
トラブルシューティングしながらフィールド、変数、計算式を監視できます。

カスタム関数
自分だけの関数を作成し、それをどのFileMakerデータベースにでもコピー&ペーストしたりインポートしたりできます。

外部関数プラグインAPI
より強固な計算式を作成して、データベースの機能を拡張できます。

複数テーブルのインポート
複数のテーブルを一度にインポートして、データベースの作成や修正にかかる時間を短縮できます。

Runtime Maker
動作させるのにFileMaker Proを必要としない、スタンドアロンのランタイムソリューションを作成できます。

フィールドおよびテーブルの複製
フィールド定義を異なるテーブルにコピーしたり、テーブル定義を別のファイルにコピーしたりして、ソリューションの開発にかかる時間を短縮できます。

Kiosk Maker
すべてのメニューを隠したアプリケーションを作成できます。セルフサービスのチェックインやメーリングリストのサインアップに最適です。

データベースデザインレポート機能
データベーススキーマのすべての要素について、包括的なレポートを実行できます。
出展製品[4] FileMaker Go
出展製品詳細[4] FileMaker Goを使用することにより、FileMaker Proの威力をiPadとiPhoneのユーザーも享受できます。FileMaker Goがあれば、モバイルユーザーが以下のような、さまざまなことを行う際に、役立ちます。

FileMaker Proで作成。FileMaker Goで実行
FileMaker Proのパワフルな機能を、iPadおよびiPhoneで使用できます。

外出先でも生産性を向上
FileMaker Goを使用してデータを追加、編集、検索、分類、報告すれば、すぐに生産性が向上します。

安全にチームと共有
リアルタイムでソリューションを安全に共有したり、現場から定期的に更新を入手したりするには、次の3つの便利な方法から選べます。
出展製品[5] FileMaker WebDirect
出展製品詳細[5] デスクトップとノートPCで利用できる新しい画期的なWebテクノロジー*
デスクトップアプリケーションのパワーとWebブラウザのシンプルさを組み合わせて、ビジネス情報を管理し、共有します。

FileMaker Server 13で使用できるFileMaker WebDirectは、カスタムビジネスソリューションをデスクトップやラップトップのWebブラウザで直接実行する、画期的なWebテクノロジーです。Web開発のスキルは必要ありません。とてもシンプルです。

FileMaker WebDirectでは、PHP、HMTL5、CSS、JavaScriptなどのコーディングツールを使わずに、Web用の堅固なソリューションを作成できます。これまで使ってきたFileMakerのスキルを用いるだけで、ソリューションを作成し、それをわずか数クリックでWebブラウザからアクセスできます。

FileMaker WebDirectは、デスクトップアプリケーションと同じ表示画面で、同じ動作をするため、次のように使い慣れた機能を使用できます。

デスクトップスタイルの操作 ―― テーマ、スタイル、グラフ、メニューなどを使えます。ドラッグ&ドロップでファイルをオブジェクトフィールドに入れることもできます。

ライブ更新 ―― データやソリューションの変更に、瞬時にアクセスできます。ブラウザを更新する必要はありません。

自動化されたプロセス ―― スクリプト、計算式、条件付き書式を利用してデータを検証し、ワークフローを合理化できます。

ビジネスの現場で活躍するFileMaker WebDirect
FileMaker WebDirectは、ローカルでのインストールとソフトウェア保守を避けたい場合に最適です。リモートオフィスにいるチームと協力し、簡単に情報を共有できます。FileMaker WebDirectを使用すれば、ステータスのアップデート、調査、フィードバックフォームなどの情報を、地理的に分散した同僚や仲間から安全に収集できます。


出展製品[6] FileMaker Server
出展製品詳細[6] FileMaker Serverは、高速で信頼性の高いサーバーソフトウェアです。FileMaker Serverを使用すると、FileMaker Pro(別途ご購入が必要です)を用いて作成したデータベースソリューションを管理して共有し、それらのソリューションをWebに拡張できます。大小さまざまなグループが最新情報に同時にアクセスでき、これまでになく生産性が向上します。

FileMaker Serverでホストされているデータには、FileMaker Pro、FileMaker Go、FileMaker WebDirectクライアントのどのような組み合わせを用いても接続できます。FileMaker WebDirectまたはFileMaker Goから、FileMaker Serverにホストされているソリューションにアクセスするには、"同時接続"をご使用ください。FileMaker Serverには、"同時接続"が1つ付属しており、追加の接続をご購入いただくこともできます。
出展製品[7] 地域連携プラットフォーム DASCH Pro(ダッシュプロ)
出展製品詳細[7] 疾病だけでなく健康関連の情報をも対象としたより広い地域での利用を保障しながら「医療・介護をつなぐ関連組織相互コミュニケーションツールとして位置付け、伝えたい情報を連携する相手にタイムリーに伝えること、共有可能なデータとして蓄積することを目的とした仕組み」を実現しています。
また、実行される環境を選ばないWebアプリケーションとして、各種主要なWebブラウザやiPadにも対応しています。さらに FileMaker Proによるユーザー独自の拡張も可能なシステムです。

利用事例
- 地域の医療機関相互の穏やかな連携ツールとして
- 単独病院内での独自の拡張可能な情報伝達ツールとして
- 独自での拡張を前提にしたアクセス権管理の基盤として
- 院内でのデータベース化されづらい情報の集積ツールとして
- 電子カルテにのならない情報を連携可能な情報の形にデータベース化

主な機能
- 環境を選ばないWebアプリケーション(iPadでも同程度の操作体系)
- FileMaker Pro による独自の拡張API
- 連絡先まで含めたセキュリティ管理(参照権管理)を全てWebインターフェースで実現
- コミュニケーションツールとしての掲示板
- 統合された患者基本情報
- 保管庫としての画像、文章管理機能
- 入院履歴管理
- 疾患・治療・機能・社会・維持・予防など、各段階での状態管理と伝達管理機能
出展製品[8] 胃腸分野のソリューション
出展製品詳細[8] 医療分野の FileMaker プラットフォームの活用事例
http://www.filemaker.com/jp/solutions/customers/medical.html
出展カテゴリ

J. 各種コンピュータシステム

各種コンピュータシステム関連