出展者詳細

展示会種別 バリアフリー展
出展者名 株式会社テクノスジャパン
小間番号 5-24
住所

〒670-0947

兵庫県

姫路市北条1-266

ホームページURL http://technosjapan.jp/index
メールアドレス info@technosjapan.jp
電話番号 079-288-1600
FAX番号 079-288-0969
PRなど 新・徘徊感知機器「ケアロボコール」と服薬支援器「くすりコール」を中心に、安全・安心な在宅高齢者ケアを実現する製品群を展示します。また展示品に関するプレゼンテーションセミナーを開催します。

出展製品[1] 見守り介護ロボット「ケアロボ」
出展製品詳細[1] 近い将来、認知症高齢者は700万人以上に達すると予測されています。その内訳は、軽度の認知症高齢者が圧倒的に多く、これらの方々はある程度の自立生活が可能ですが、時々様子が変化します。それを適切にフォローすれば自宅での自立生活を維持できます。
また、地域包括ケアにおける定期巡回・随時対応サービスは、今後、間違いなく増大しますが、受け皿となる在宅介護・看護従事者は圧倒的に足りていません。
見守り介護ロボット「ケアロボ」はその課題を解消する手段の1つとして、呼ばれた時の対応判断をサポートします。対象者の状況が深刻なのか、誤報なのか、話せるのか、話せないのか等、緊急度の高さを判断できる情報を提供します。「ケアロボ」の外観は犬のぬいぐるみを模したペットのようなデザインで、高齢者の居室に置いても違和感がありません。無線で各種センサー・機器群を制御し、システム・ネットワークのプラットフォームとして機能します。「ケアロボ」は赤外線LED、赤外線カメラを搭載し、夜間でも写真撮影が可能です。温度センサーで高齢者の室温をモニタリングし、熱中症等の危険を回避できます。各種センサーや機器が作動すると、自動的に静止画を撮影、画像をメールに添付して対象者の氏名、場所、電話番号等の情報と一緒に予め登録した連絡先にメールで通知します。また、介護者に通知したことを対象者にもアナウンスします。
以下の様々なセンサーや機器と連携し、病院、施設、在宅を問わず、対象者1人1人の環境や状況に応じて、介護や認知症ケアに必要な機能を柔軟に選択できます。
●服薬支援器「くすりコール」
予め設定した時間になると音声アナウンスと対象のくすりケースの点滅で服薬を促します。ケアロボとの連携で薬の飲み忘れをお知らせします。
●離床センサー(コールマット)
居室の出入口やベッド脇の床に設置するマット型のセンサーで対象者が踏むとお知らせします。センサー部はコードレスで安全性にも配慮しています。
●徘徊センサー(赤外線センサー)
2種類の赤外線センサーを搭載し、対象者が部屋、家屋から出ようとする動きをお知らせします。
●コールスイッチ(高機能呼出スイッチ)
声や大きな音に反応する呼出スイッチです。少し大きめの声で呼びかければ作動し、ボタンを押せない状況でも異変を知らせることができます。

ぜひテクノスジャパンブースにお越しの上、機器をご覧ください!


出展製品[2] 服薬支援器「くすりコール」
出展製品詳細[2] 服薬支援器「くすりコール」は、認知症重度化の原因の1つとして、大きな問題になっている“薬の飲み忘れ”の対策機器として、大きな期待が寄せられています。
「くすりコール」は、本体のくすりケースに1回分の飲み薬を収納し、服薬時間をセットします。服薬時間になると音声アナウンスが流れると共に対象のくすりケースが点滅してお知らせします。最大で1日4回、1週間分の薬を収納し、服薬管理ができます。くすりカレンダーなどでは服薬の意識づけが難しい方でも、服薬のお知らせ(音声アナウンス&光の点滅)が5分おきにありますので、改善が見込めます。
利用者本人がお知らせを認識しケースを取り出して服薬を行うという行為が、高齢者の自立支援にもつながると考えます。

ぜひ会場で実機に触れて下さい!

出展製品[3] 新・徘徊感知機器「ケアロボコール」
出展製品詳細[3] 2015年4月より「徘徊感知機器」の貸与に関する要件が見直されます!
従来は「徘徊感知機器」以外の機能を持つ機器の貸与は保険適用を認められませんでしたが、他の機能を持つ機器でも「徘徊感知機器」の部分については、介護保険が適用されることになります。
テクノスジャパンでは、従来型の徘徊感知機器「家族コール2」に加え、新たな徘徊感知機器として「ケアロボコール」を発売します!
「ケアロボコール」は、見守り介護ロボット「ケアロボ」をベースに開発した外部通信機能を持った徘徊感知機器で、利用者の徘徊行動をメールでお知らせします。
センサーはA、B、Cの3タイプから選択可能なので、使用環境や利用者の危険度によって最適なものを選べます。
また、3タイプともセンサーがコードレスなので、設置・運用がお手軽にできます。

ぜひテクノスジャパンブースで新・徘徊感知機器「ケアロボコール」をご覧ください!

出展カテゴリ

A. 介護ロボット

介護ロボット関連

C. 認知症対策関連

予防・支援・チェック関連

見守り製品・サービス

成年後見制度相談

遺品整理・お掃除サービス

その他認知症関連