講演・セミナー

トップ > 講演・セミナー > 慢性期医療展ワークショップ

お問い合わせ バリアフリー展事務局

〒540-0008
大阪市中央区大手前1-2-15
(株)テレビ大阪エクスプロ内

TEL/06-6944-9913

FAX/06-6944-9912

慢性期医療展ワークショップ

会場: 2号館内 第1・第2セミナー会場
定員: 50名
※受講無料 : 当日会場受付

  [2号館内] 第1会場 [2号館内] 第2会場
4/16
(木)

11:00~11:40

ICTを活用した『みまもり支援』のかたち。~2025年の地域包括ケアシステムの実現に向けて~

11:00~11:40

医療分野における iPad の活用事例

12:30~13:10

これからのサービス付き高齢者向け住宅

12:30~13:10

看護師の負担軽減! 最新の体温調整・維持グッズのご紹介

14:00~14:40

転倒事故のリスクを軽減! ~衝撃吸収フロア~

14:00~14:40

高齢者住宅における法律問題について

15:30~16:10

弱酸性次亜塩素酸水溶液の特徴と使用事例

15:30~16:10

床ずれ対策は予防が大切

4/17
(金)

11:00~11:40

認知症早期発見ツールおよび認知症アウトリサーチ対応ICT見守りシステムご紹介

11:00~11:40

ケアマネが聞いておきたい後見ケーススタディ

12:30~13:10

医療機関が手がける高齢者住宅の実例~地域での役割と経営戦略~

12:30~13:10

北海道広域医療連携研究会が取り組む iPad を活用した地域医療連携

14:00~14:40

ICTを活用した『みまもり支援』のかたち。~2025年の地域包括ケアシステムの実現に向けて~

14:00~14:40

遺品整理現場から伝えたいこと

15:30~16:10

これからのサービス付き高齢者向け住宅

15:30~16:10

床ずれ対策は予防が大切

4/18
(土)

11:00~11:40

最新ロコモ対策! かんたん、たのしい、実践方法~具体的な事例から~

11:00~11:40

高齢者住宅における法律問題について

12:30~13:10

認知症早期発見ツールおよび認知症アウトリサーチ対応ICT見守りシステムご紹介

12:30~13:10

総合メディカル企業が超高齢社会にできること

14:00~14:40

医療機関が手がける高齢者住宅の実例~地域での役割と経営戦略~

14:00~14:40

ケアマネが聞いておきたい後見ケーススタディ

15:30~16:10

紫外線やまぶしさから目を守る“アイプロテクションレンズ”について

15:30~16:10

看護師の負担軽減! 最新の体温調整・維持グッズのご紹介

4月16日(木) 定員:50名 受講無料・当日会場受付

2号館内 第1会場

11:00~11:40

ネクストシステムラボラトリーズ(有)

ICTを活用した『みまもり支援』のかたち。
~2025年の地域包括ケアシステムの実現に向けて~

代表取締役 藤本 都志郎氏
ICT・M2M事業部 本永 尚美氏

2025年まであと10年。
今、地域包括ケアシステムの構築の実現にはICTの利活用が注目されています。
ICTは難しいというイメージですが、ICTを活用した「みまもり支援」のかたちをNSLがわかりやすくお話させていただきます。

12:30~13:10

積水ハウス(株)

これからのサービス付き高齢者向け住宅

大阪特建支店 シニア事業室 室長 沖田 豊氏

地域包括ケアシステムの推進に向け、サービス付き高齢者向け住宅の整備が進められています。
医療や介護との関係をどの様に考えて計画をするべきか。
医療保険制度改定、介護保険制度改定を踏まえて、これからのサービス付き高齢者向け住宅のあり方を提案します。

14:00~14:40

(株)ノダ

転倒事故のリスクを軽減! ~衝撃吸収フロア~

建材事業部 営業推進部 松本 悟郎氏

高齢者施設、幼稚園等の採用事例、お客様の声を交えて説明いたします。
やさしい:適度なクッション性は、職員の方にもやさしく疲れにくい
すべりにくい:適度なすべりにくさで転倒リスクを軽減
衝撃を吸収:万一転倒しても特殊クッション層が衝撃を吸収

15:30~16:10

(株)エイチ・エス・ピー

弱酸性次亜塩素酸水溶液の特徴と使用事例

研究開発部 農学博士 小野 朋子氏

弱酸性次亜塩素酸水溶液は次亜塩素酸ナトリウムのphを弱酸性に調整した除菌・消臭用水です。
各種ウイルス・細菌などの対策で効果があり、悪臭物質の分解も可能なことから、医療・福祉分野において活用されています。本WSではその特徴と使用事例をご紹介します。

2号館内 第2会場

11:00~11:40

ファイルメーカー(株)

医療分野における iPad の活用事例

日比野 暢氏

地域医療連携、褥瘡管理、高齢者見守りなど、iPad医療ソリューションを複数紹介。
革新的iPadだからこそ実現できた事例をお話しします。

12:30~13:10

(株)サーミックテクノ

看護師の負担軽減! 最新の体温調整・維持グッズのご紹介

開発事業部 開発課 販売係 係長 西田 一二氏

希望温度を1度単位で設定できる患者の体温調整、維持をサポートする最新製品をご紹介します。
氷枕、湯たんぽ等の機器が1つで代用可能。
水の交換、お湯の準備は一切不要。さらに結露によるカバー交換の手間も軽減出来ます。

14:00~14:40

弁護士法人アヴァンセリーガルグループ

高齢者住宅における法律問題について

大阪支部 弁護士 福田 俊介氏

近年増加する高齢者住宅では、入居者の方々及びそのご家族並びに高齢者住宅の運営元は様々な法律問題を抱えておられますが、それらの法律問題について具体的な事例を踏まえながらお話させていただきます。

福田 俊介氏

15:30~16:10

(株)タイカ

床ずれ対策は予防が大切

作業療法士、福祉用具プランナー管理指導者 菊池 隆一郎氏

床ずれ発生のメカニズムから発生リスクの判定方法、介助のポイント、床ずれ防止マットレスの選び方、最新の床ずれ防止用具などわかりやすくお伝えします。

4月17日(金) 定員:50名 受講無料・当日会場受付

2号館内 第1会場

11:00~11:40

(株)ベネフィックス(日本光電グループ)

認知症早期発見ツールおよび認知症アウトリサーチ対応ICT見守りシステムご紹介

ウェルケア推進部 部長 久保 崇氏

タッチパネル式物忘れ相談プログラムによるアルツハイマー型認知症の早期発見から認知症の方の見守りICTシステム DICS(Dementia Integration Care System)にてトータルサポートをご提案させていただきます。
ご興味のある方はぜひご聴講下さい。

12:30~13:10

ミサワホーム(株)

医療機関が手がける高齢者住宅の実例
~地域での役割と経営戦略~

資産活用推進部 医療介護推進課 主任 若江 暁久氏

14:00~14:40

ネクストシステムラボラトリーズ(有)

ICTを活用した『みまもり支援』のかたち。
~2025年の地域包括ケアシステムの実現に向けて~

代表取締役 藤本 都志郎氏
ICT・M2M事業部 本永 尚美氏

2025年まであと10年。
今、地域包括ケアシステムの構築の実現にはICTの利活用が注目されています。
ICTは難しいというイメージですが、ICTを活用した「みまもり支援」のかたちをNSLがわかりやすくお話させていただきます。

15:30~16:10

積水ハウス(株)

これからのサービス付き高齢者向け住宅

大阪特建支店 シニア事業室 室長 沖田 豊氏

地域包括ケアシステムの推進に向け、サービス付き高齢者向け住宅の整備が進められています。
医療や介護との関係をどの様に考えて計画をするべきか。
医療保険制度改定、介護保険制度改定を踏まえて、これからのサービス付き高齢者向け住宅のあり方を提案します。

2号館内 第2会場

11:00~11:40

司法書士法人おおさか法務事務所

ケアマネが聞いておきたい後見ケーススタディ

司法書士 坂西 涼氏

坂西 涼氏

年間60ヶ所以上の現場で研修を担当する司法書士による人気の実践講座。
100例以上の成年後見の事例の中から、ケアマネジャーが直面しやすい3つのパターンをご紹介します。ケアマネジャーがどのようにかかわって、後見人とどのように連携していくのかを、実際の流れに沿って解説します。
現場でよく出る質問なども交え、ケアマネジャーの視点をおさえた注意点やポイントをわかりやすくお伝えします。

12:30~13:10

ファイルメーカー(株)

北海道広域医療連携研究会が取り組む iPad を活用した地域医療連携

(株)DBPowers 代表取締役 有賀 啓之氏

現場の声を実現することができたiPadソリューションをご紹介するとともに、作成・構築過程で蓄積できた導入のノウハウをお伝えします。 異なる立場で相互に関連し合う現場で活かせるヒントになれば幸いです。

14:00~14:40

(株)リリーフ

遺品整理現場から伝えたいこと

第三事業部 勝浦 優孝氏

「ゴミ屋敷」がなぜ生じるのか、そこに潜む危険性とは何か…
自身が大切にしているモノだからこそ、今考えておくべき行く末…
実際の現場を通じて私たちが考える「おかたづけの必要性」をお伝えします。

15:30~16:10

(株)タイカ

床ずれ対策は予防が大切

作業療法士、福祉用具プランナー管理指導者 菊池 隆一郎氏

床ずれ発生のメカニズムから発生リスクの判定方法、介助のポイント、床ずれ防止マットレスの選び方、最新の床ずれ防止用具などわかりやすくお伝えします。

4月18日(土) 定員:50名 受講無料・当日会場受付

2号館内 第1会場

11:00~11:40

(一社)全日本ノルディック・ウォーク連盟

最新ロコモ対策! かんたん、たのしい、実践方法~具体的な事例から~

羽立工業(株) ウェルネス事業部 係長 内藤 寿子氏

40代からのロコモ予防対策の第一歩として体力測定をおすすめします。
ロコモ予防は、知らず知らずに衰える体力を客観的に測定し、その結果にあわせた運動やトレーニング実施など適切な対処が必要です。
当日は、最新の事例をもとに具体的にその実践方法をご紹介します。

12:30~13:10

(株)ベネフィックス(日本光電グループ)

認知症早期発見ツールおよび認知症アウトリサーチ対応ICT見守りシステムご紹介

ウェルケア推進部 部長 久保 崇氏

タッチパネル式物忘れ相談プログラムによるアルツハイマー型認知症の早期発見から認知症の方の見守りICTシステム DICS(Dementia Integration Care System)にてトータルサポートをご提案させていただきます。
ご興味のある方はぜひご聴講下さい。

14:00~14:40

ミサワホーム(株)

医療機関が手がける高齢者住宅の実例~地域での役割と経営戦略~

資産活用推進部 医療介護推進課 主任 若江 暁久氏

15:30~16:10

(一社)全日本ノルディック・ウォーク連盟

紫外線やまぶしさから目を守る“アイプロテクションレンズ”について

HOYA(株) ビジョンケア部門 HOYAビジョンケアカンパニー 日本営業部
レンズエキスパート 大嶽 泰久氏

眼にも影響を及ぼすといわれている紫外線やまぶしさのもととなる青色光、特にアウトドアではUVカットレンズやサングラス(調光レンズ、偏光レンズ、着色レンズ)などを使用することで眼を保護しましょう。

2号館内 第2会場

11:00~11:40

弁護士法人アヴァンセリーガルグループ

高齢者住宅における法律問題について

大阪支部 弁護士 福田 俊介氏

近年増加する高齢者住宅では、入居者の方々及びそのご家族並びに高齢者住宅の運営元は様々な法律問題を抱えておられますが、それらの法律問題について具体的な事例を踏まえながらお話させていただきます。

福田 俊介氏

12:30~13:10

ニプロ(株)

総合メディカル企業が超高齢社会にできること

医薬営業本部 学術部 重岡 強氏

私共ニプロは医薬品・医療機器の両方を取り扱う総合メディカル企業として、超高齢社会における医療をトータルでサポートさせていただいております。本日はそのような当社の取り組みをご紹介させていただきます。

14:00~14:40

司法書士法人おおさか法務事務所

ケアマネが聞いておきたい後見ケーススタディ

司法書士 坂西 涼氏

坂西 涼氏

年間60ヶ所以上の現場で研修を担当する司法書士による人気の実践講座。
100例以上の成年後見の事例の中から、ケアマネジャーが直面しやすい3つのパターンをご紹介します。ケアマネジャーがどのようにかかわって、後見人とどのように連携していくのかを、実際の流れに沿って解説します。
現場でよく出る質問なども交え、ケアマネジャーの視点をおさえた注意点やポイントをわかりやすくお伝えします。

15:30~16:10

(株)サーミックテクノ

看護師の負担軽減! 最新の体温調整・維持グッズのご紹介

開発事業部 開発課 販売係 係長 西田 一二氏

希望温度を1度単位で設定できる患者の体温調整、維持をサポートする最新製品をご紹介します。
氷枕、湯たんぽ等の機器が1つで代用可能。
水の交換、お湯の準備は一切不要。さらに結露によるカバー交換の手間も軽減出来ます。

ページトップに戻る