出展のご案内

トップ > 出展のご案内 > 介護ロボットゾーン

お問い合わせ バリアフリー展事務局

〒540-0008
大阪市中央区大手前1-2-15
(株)テレビ大阪エクスプロ内

TEL/06-6944-9913

FAX/06-6944-9912

介護ロボットゾーン

介護ロボットゾーン ~「介護者の負担軽減」「高齢者・障がい者の自立」に向けて~

高齢化の進展に伴い、介護人材の不足が大きな問題になっています。
労働力人口が減少する中、2007年に117万人であった介護職員は、その必要数が2025年には212万人まで倍増すると推計されています。
介護者の負担軽減および要介護者(高齢者・障がい者)のQOL(生活の質)向上に大きく貢献するとして、近年注目を集めている「介護ロボット」。
本ゾーンでは、国も今後の基幹産業として積極的に開発促進に取り組んでいる介護ロボット(ロボット技術を使用した最新の介護用品・福祉機器)を一堂に集め、情報発信を行います。

出展ポイント

1 確かな出展手応え

2 圧倒的な来場動員

3 無料ワークショップ開講

出展対象

ロボット技術を使用した介護用品・福祉機器

移乗介助、移動支援、排泄支援、見守り・セキュリティ、生活支援、リハビリ支援、癒し・コミュニケーションロボ など

来場対象

ケアマネジャー等の介護従事者、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士等のリハビリテーション関係者、介護・福祉・医療施設関係者、福祉機器製造・販売企業、商社、研究機関、自治体、介護ショップ・レンタル事業者、一般 など

ゾーン構成

  • 展示ブース
  • 主催者セミナー
    • 経済産業省 産業機械課
    • (公財)テクノエイド協会 ほか
  • 出展者プレゼンテーションセミナー
    (開講無料:30分:希望者のみ)
  • パネル展示コーナー
  • 研究・開発コーナー
    介護ロボットを研究・開発している研究機関や学校など

※コンパクトブース(基本装備・設備付き:180,000円(税抜)/小間)の設定がございます。
※申込み方法・出展規程はバリアフリー2015に準じます。

介護ロボットゾーン出展のご案内

ページトップに戻る